JR東日本E231系(常磐線快速電車)車内デザイン

JR東日本

2001年より導入された、JR東日本E231系基本番台の常磐線快速・成田線向け車両の車内デザインをご紹介します。

JR東日本E231系(常磐線快速電車)車内デザイン
車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚
防犯カメラ

先に投入された中央総武線の基本番台とベースは同一で、グレートーンに青いシートの車内となっています。相違点は細かな箇所が多いですが、ドア上のLEDの2段表示化、座席ヒーターの改良、乗務員室背面への手すり埋め込みなどが目に留まります。また令和に入って防犯カメラも設置されました。ドアエンジンも総武線車両とは異なっています。現在は上野東京ライン経由で品川にも顔を出し、中距離を高速で結ぶ主力として活躍しています。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました