JR東海373系 車内デザイン

JR東海

1995年、静岡地区の特急運用やライナー運用のため3両編成で誕生した、JR東海373系電車の車内デザインをご紹介します。

JR東海373系 車内デザイン
車内
JR東海373系 座席 回転式リクライニングシート
回転式リクライニングシート
JR東海373系 座席 車端部ボックスシート(テーブル付き)
車端部ボックスシート(テーブル付き)
JR東海373系 デッキ仕切り、貫通路
デッキ仕切り、貫通路
JR東海373系 デッキ仕切り、乗務員室背面
デッキ仕切り、乗務員室背面
JR東海373系 LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR東海373系 ゴミ箱
ゴミ箱
JR東海373系 客用ドア
客用ドア
JR東海373系 荷棚
荷棚

373系は座席等の設備こそワイドビューの名にふさわしい特急型ですが、出入り口付近を見ると、両開き式の客用ドアや、仕切り扉のないデッキなど、通勤運用系にも適用できる汎用性を持たせているのが最大の特徴です。えんじ色の座席が並ぶ車内は大きな窓の割に非常に落ち着いたインテリアで、車端部は大型テーブルが備え付けられたボックスシートが標準で設定されています。デッキにはゴミ箱が用意されています。また現在は全車禁煙化されています。主にふじかわなどの特急運用が主体ですが、一部普通列車にも使用されています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました