JR東日本E217系 車内デザイン

JR東日本

初の4ドア近郊型車両として209系をベースに1994年に登場し、横須賀・総武快速線で活躍中のJR東日本E217系電車のち、最も多い中期型の車内デザインをご紹介します。

JR東日本E217系 車内デザイン
車内(ロングシート車)
JR東日本E217系 座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
jr東日本217系 車内(セミクロスシート車)
車内(セミクロスシート車)
座席、袖仕切り、ボックスシート
優先席
貫通路
トイレ
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚
防犯カメラ

209系同様の思想を持ちながら幅広車体と4ドアセミクロスシートを採用した車両で、のちのJR東日本標準スタイルを築きました。車内は2種類あり、どちらも209系ゆずりのグレー系FRPを多用した非常に落ち着きのある配色を採用しています。ただ、座席はオリジナル柄が採用され、青地(優先席は赤地)に大きな縞模様が入ったデザインとなっています。セミクロスシートのボックスシートはこの量産型から片持ち式となりました。窓は中期型まで、209系などと異なるシンメトリーな窓割をロングシート車にも採用しています。一時代を築いた名優ですが、いよいよ引退の時がやってきました。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました