JR西日本201系 車内デザイン

JR西日本

1979年、103系とは全く異なるインテリアをもって登場した国鉄型通勤電車、201系電車のうち、JR西日本に残る体質改善車の車内デザインをご紹介します。

JR西日本201系 車内デザイン
車内
座席、袖仕切り、カーテン
優先座席
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
吊革
荷棚

もはや国鉄時代とは全く異なる雰囲気を醸しているあたり、さすがJR西日本の体質改善車だと感じます。まず目につくのは側窓の逆T字サッシ化と戸袋窓の撤去です。座席は柔らかい青色モケットで、化粧板は濃淡2色でおしゃれに仕上がっています。貫通路のドアも細く縦長の窓が入ったデザインになりました。それ以外のパーツはよく見ると国鉄時代のものとさほど変わっていないのですが、これだけでも新車なみに見えるクオリティです。残念ながら引退が決まっており、いよいよ201系が全国から消滅する日までカウントダウンが始まっています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました