名鉄300系 車内デザイン

名鉄

2002年、地下鉄上飯田線への乗り入れ開始に伴い誕生した4ドアステンレス車両、名鉄300系電車の車内デザインをご紹介します。

名鉄300系 車内デザイン
車内
転換クロスシート
ロングシート、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

地下鉄上飯田線開業時に乗り入れようとして誕生した車両で、地下鉄に合わせ4扉で登場したため、200系の続き番号として300系という名称になりました。車体は名鉄初のステンレス車体、車内はセミクロスシート配置で、ロングシート部と転換クロスシート部に分かれます。登場当初は手すりなどのパイプが淡いピンク色で、小牧線らしさがありましたが、後年無塗装タイプに取り換えられ、3300系初期車などに似た雰囲気に落ち着きました。また着色ガラスを採用したためカーテンは省略されています。パイプ色以外大きな変化はなく引き続き活躍中です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました