能勢電鉄7200系 車内デザイン

能勢電鉄

2018年、阪急7000系(6000系)を譲り受け運転開始したVVVF制御車両、能勢電7200系電車の車内デザインをご紹介します。

能勢電鉄7200系 車内デザイン
車内
座席、袖仕切り、カーテン
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

とても意外な譲渡で驚いた記憶があります。外観はLED表示化などに加え、営業開始直前に細い金線とロゴが追加されています。内装は近年の更新メニューに似たカラーリングに加えてオリジナル装備が満載です。座席は他にない大型袖仕切りを採用し、カーテンに変更。阪急でみられる座席区切りは見送られました。袖仕切りには木の模様が入っています。蛍光灯はLED化され、ドアの斜め上にLCD案内装置が追加されています。ドア窓は従来のままとなっています。VVVFサウンドと相まって能勢電の新時代を感じます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました