東京臨海高速鉄道70-000形 車内デザイン

りんかい線

通称りんかい線で1996年の開業時より埼京線車両と共に活躍する、東京臨海高速鉄道70-000形電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚
防犯カメラ

車内外ともにJR東日本209系をベースにしつつ、細かなところにこだわりの多い車両です。外観は優しいフォルムの前面デザインで、側面はステンレスの厚みと仕上がりに209系と違いがあります。内装も木目調を取り入れた暖色ベースとなっており、袖仕切りは大型でないものを採用しましたが、現在はFRPパーツを追加して大型化されています。シートは後年青色系に更新され明るい印象となりました。最近はドア上のLCD化や自動放送追加も行われ、E233系に交じって個性を放ちながら活躍中です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました