JR西日本225系6000番台 車内デザイン

JR西日本

2010年より新たな近畿圏の主力車両として登場したJR西日本の225系電車のうち、0番台が宝塚線に転属して誕生した6000番台車の車内デザインをご紹介します。

車内
転換クロスシート、肘掛
優先座席
補助いす
貫通路
貫通路、身障者対応トイレ
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

落ち着きのある内装にずらりと並んだ転換クロスシートという、関西ではお馴染みの3ドア車両になります。6000番台変更時に最高速度の制限改造が実施されましたが、内装は登場当初の雰囲気を残しています。落ち着きのあるブラウン系のモケットにグレー系の化粧板、貫通路は銀色で床面は砂目模様を採用しました。補助いすも健在です。この世代はLED照明が導入される前の世代となります。優先座席のモケット変えはせず、枕カバーのみで区別しています。天井には大型のLCDモニタが枕木方向に設置され、着席客をターゲットとしているのがわかります。こののち225系は大量増備へと至る、よくできた丁寧なインテリアだと感じます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました