JR東海N700S(普通車)車内デザイン

JR東海

2020年7月より運行を開始した、東海道・山陽新幹線のN700S車両のうち、普通車の車内デザインをご紹介します。

車内
回転式リクライニングシート
座席背面テーブル、フック
肘掛、電源コンセント
車端部大型テーブル
妻面
LCD車内案内装置
デッキ仕切りドア(デッキ側)、防犯カメラ
喫煙ルーム
デッキ、トイレ
男性小用トイレ、洗面台、荷物コーナー(2023年まで使用不可)
荷物コーナー(2023年まで使用不可)
ゴミ箱
客用ドア、防犯カメラ
防犯カメラ(車内天井部)
防犯カメラ(妻面)、指向性スピーカー
荷棚

N700A登場時とは異なり、従来車両とは大きく内装仕様が変化しました。目につくのは窓・天井部で、天井は間接照明2本が並ぶ旧来スタイルに戻りました。荷棚は駅が近づくと明るくなります。座席は青色系ですが模様が変わり、水にぬれると柄が変化する素材を採用。各席肘掛に個別の電源が用意されました。また車内案内装置がLCDになり可読性向上。その横には車内全体に均一の音声を届ける指向性スピーカーが埋め込まれています。いたるところに防犯カメラも設置されているのが目に留まります。デッキ部も荷物コーナーが新設されるなどの変化が見られます。この3年で40編成が製造される予定で、あっという間に主役になるものと思われます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました