相鉄20000系 車内デザイン

相鉄

2018年、東急東横線との直通運転を目指して新造されたヨコハマネイビーブルーカラーのアルミ車、相鉄20000系の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
フリースペース
乗務員室背面、鏡
客用ドア
LCD車内案内装置(ドア上鴨居部)
LCD車内案内装置(天井部)
半自動ドアスイッチ
二人対応吊革
荷棚

強烈なほどに斬新なデザイン性を兼ね備えて登場した日立A-train構造車両です。グレートーンに銀と黒がアクセントで使用された車内で、袖仕切りは上まで伸びたガラス貼り、そのまま荷棚受けとスタンションポールが一体化した構造は営団6000系の現代版のようです。優先席はユニバーサルデザインシートで、吊革は二人でつかめる卵型となっています。また半自動ドアを採用しています。車内には伝統の鏡が復活したのも特筆事項です。12000系と大きく異なるのが天井部で、吊り広告の代わりに液晶がぶら下がっています。かつての相鉄には想像がつかないほど攻めの姿勢を見せた車両、今後の増備車も同じクオリティとなることを祈っています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました