阪急3300系(初期リニューアル車)車内デザイン

車内

1967年、地下鉄堺筋線乗り入れ用として京都線に登場した阪急3300系のうち、2003年に最初のリニューアルを受けた車両の車内デザインをご紹介します。

阪急3300系(初期リニューアル車)車内デザイン
車内
座席、袖仕切り
優先座席
持ち上げ式カーテン
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

昭和40年代前半の車両とは思えないほどに大胆なリニューアルを受けた編成です。最初にリニューアルされた2本と後期に更新された3本で若干仕様が異なっており、今回のご紹介はその前半分です。違いとしては、最大の特徴である持ち上げ式のカーテンと、座席下ヒーター端部(袖仕切りの下)がマホガニー仕上げになっている点です。他は9000系列を意識したリニューアルを受けており、ドアと妻面が濃いマホガニーとなりバリアフリー設備を装備。ドア窓が下方に広いのが他鉄道にない個性です。荷棚もおしゃれに変更されました。残りリニューアル編成のみが令和2年の今でも地下鉄に乗り入れています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました