JR西日本223系5500番台 車内デザイン

JR西日本

223系ファミリーのうち、末期の2008年に登場した、福知山地区向けのワンマン車両、223系5500番台車両の車内デザインをご紹介します。

JR西日本223系5500番台 車内デザイン
車内
転換クロスシート、補助いす
優先座席
ロングシート
貫通路
車いすスペース
身障者対応トイレ
乗務員室背面、運賃箱
運賃表
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

先に登場した瀬戸大橋線の5000番台や521系同様、幌を付けた貫通状態での連結運転に対応したスタイルで、ワンマン運転用の設備を備えています。最末期の223系は窓がすべて1枚窓となり、蛍光灯にはガラス繊維を用いたカバーが設置されています。座席モケットは225系に合わせたものに後年張り替えられています。またワンマン車両として、車端部にはロングシートが設置され、妻窓も存在します。このシートの袖仕切りは321系などによく似たスタイルを採用しました。福知山地区の113系などを置き換え、現在篠山口~福知山を中心にワンマン運転で活躍しています。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました