小田急2000形 車内デザイン

小田急

1995年、1000形ワイドドア車の実績を踏まえ登場したステンレス製通勤型車両、小田急2000形電車の車内デザインをご紹介します。

小田急2000形 車内デザイン
車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア(先頭部)
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

小田急らしさを残しつつ、通勤型として非常に完成度の高い車両です。ドアは先頭部をのぞき1600mmのワイドサイズとなり、一方で7人掛け座席をキープ。袖仕切りやスタンションポールは最近設置されました。座席は座面の深いバケットシートで、妻面優先席付近は蛍光灯の色に違いがあります。全車にわたり戸袋窓がせっちされており、この窓はカーテンレスで着色ガラスを採用。バリアフリー設備も一式用意されました。妻面は戸袋窓のみとなっていて一般的な通勤型と窓配置が逆転しているのが面白いところです。専ら普通列車を中心に活躍中です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました