小田急8000形(チョッパ制御車)車内デザイン

小田急

小田急の最古参、1982年から製造された最後の鋼製車両8000形の車内デザインうち、貴重なチョッパ制御を搭載した初期更新車両をご紹介します。(2019年投稿、2020.7.24写真大幅入れ替えのうえ再投稿)

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース、折り畳み座席
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

2020年7月現在、界磁チョッパ制御を搭載した8000形は2編成残っています。これらは2002年にリニューアルを受けた編成です。車内は未更新車とは大きく異なるアイボリー系の明るい内装となり、座席は鮮やかなえんじ色でバケットシート、その中央に直線的なスタンションポールが1本設置されています。床は細かな柄のはいったおしゃれなデザインへ変更され、ドア上にはLED車内案内装置が設置されています。また、車いすスペースは折りたたみ椅子を装備しているのも小田急らしい特徴です。角形の吊革もこの時交換されたものになります。5000形に押されて廃車が近いのは間違いなく、予断を許さない状況です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました