近鉄3200系 車内デザイン

車内

京都市営地下鉄烏丸線との直通運転に備え1986年に登場した、非対称スタイルの6両固定編成、近鉄3200系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

1986年は近鉄一般車改革の年で、この3200系電車と南大阪線の6400系電車が、VVVFインバータ制御にツートンカラーのアルミボディをまとって登場しました。こと3200系は大変個性的で、非対称スタイルの前面に、他の車両よりも太い側面の赤帯、中間車はのちに通じる左右非対称スタイルになりました。車内もカラーリングは踏襲したものの、袖仕切りが飾りの仕切り板がついたタイプとなり、5800系まで採用され続けました。一度更新工事を受けており、グレートーン貴重に模様入りのモケットとなりました。車いすスペースなどバリアフリー設備もこのタイミングで設置されています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました