東京メトロ16000系(4次車~)車内デザイン

東京メトロ

千代田線6000系の置き換えようとして2010年より製造されたアルミ車16000系電車のうち、最終形態となる4次車以降の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
フリースペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

とにかくエッジの効いた斬新なインテリアデザインは近年の東京メトロらしさを感じます。車体はアルミ製で、大きな窓で明るい印象になりました。内装は青色系のインテリアで、座席は比較的落ち着きのあるブルーグレーとなっていますが、袖仕切りおよび貫通路の意匠はガラスとシートを使用した、非常に斬新なデザインとなっています。荷棚もガラス板タイプです。4次車以降は吊革までもが青色系になり、全車にフリースペースが用意されています。床も濃い青色で、乗り入れ先でも強烈な個性を放っている車両です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました