阪急8300系(初期車) 車内デザイン

車内

1989年、平成を機にモデルチェンジが図られた阪急京都線系統の通勤型車両、8300系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席、鎧戸
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
吊革
荷棚
パワーウインドウ

神宝線8000系とともにモデルチェンジが実施され登場しました。車内は側窓が大きくなり、窓ガラスがブロンズガラス化。あわせてマホガニーの色調を従来車より濃いものへ変更しました。座席下の蹴込みなどのパーツも一部ブロンズ色に塗装されています。床は落ち着きのあるコーヒー色でしたが、順次タイル模様の入った新しい柄に変更されつつあります。窓は鎧戸こそ残ったもののパワーウインドウを採用し、スイッチで窓を開閉できます。最近優先座席がローズ色に変更されました。そろそろ更新の時期も迫っていると思われ、パワーウインドウが残されるかが気になります。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました