相鉄新7000系(ロングシート車)車内デザイン

相鉄

1986年登場、1988年からVVVFインバータ制御で導入された相鉄新7000系電車の大半を占める、ロングシート車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
自動窓ボタン
車内鏡
吊革
荷棚

すでにボックスシート車は2020年に消滅したため、残っているのはすべてこのタイプの車内となります。あちこちに他社とは異なる雰囲気を醸し出す独特な意匠が見受けられますが、特記するのは袖仕切りの形状と、自動窓、そして鏡でしょうか。後年の更新工事で車いすスペースが設置されています。そのほか一部ドア上に点滅式のマップ型案内装置が設置されています。乗務員室背面のインパクトある大きさのドアも相鉄らしさでしょうか。この車両も急速に廃車が進んでおり、間もなく消滅すると思われます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました