西武30000系 車内デザイン

西武

2008年に登場した大変ユニークなデザインの通勤型車両、スマイルトレイン西武30000系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

内外ともに大変温かみのある柔らかい印象のデザインが取り入れられていますが、これは女性を中心としたチームでデザインコンセプトづくりをしたことによるものだそうです。ふくらみのある形状の座席、丸みをもたせた吊革、ハートが描かれた優先席など、随所にそのコンセプトが滲み出たインテリアとなっています。貫通路のガラス製扉には衝突防止とコミュニケーション性を兼ねた卵が描かれ、時折生まれたものが混じっているなど遊び心も大変魅力的です。また銀色もできるだけアルミの柔らかな印象をうまく取り入れています。斬新さの一方で、ドア窓などに西武らしさも残っていて好感が持てる車両といえます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました