JR西日本103系(R1編成)車内デザイン

JR西日本

一時代を築いた国鉄通勤型車両、103系のうち、和田岬線で活躍するR1編成の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席
貫通路(妻窓付車両)
貫通路(妻窓廃止車両)
乗務員室背面
客用ドア
吊革
荷棚

いよいよ残り僅かとなった103系原形車ですが、和田岬線はこのR1編成が主として長く活躍しています。全車両N40更新工事を実施しており窓枠は黒くなり、戸袋窓は廃止され、車内はアイボリー基調の明るい配色となっています。妻窓は存置されている車両と埋められた車両が混在しています。貫通路の扉は基本的に開放しているようですが撮影時は一部が閉じていました。また日中運用のない時間帯に訓練運転として使用するため、運転台後ろの窓が開くよう改造されています。一切広告のない開放的な姿で、103系らしさを堪能できる最後の車両と言えます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました