京阪2200系 車内デザイン

京阪

昭和39年、スーパーカー2000系の後継車両として登場した卵型ボディの通勤型車両、京阪2200系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席1
優先座席2
貫通路
貫通路(先頭車化改造車部)
乗務員室背面
客用ドア
ファンデリア
吊革
荷棚

京阪2200系の特徴は卵型ボディ。これは2000系列に共通する仕様です。現在、形式としてみた場合この2200系が最古参車両となっています。車内は緑色に統一されており、床も壁も座席も緑がベースです。天井はやや黄身がかったベージュ色なのが特徴で、先頭車改造部分はここがアイボリーに変化しています。また優先座席は最近、オレンジ1色のものを背面・座布団の両側で交換されつつあります。ドア横のスペースやドアエンジンなど、車両によってバリエーションが多彩で趣味的に面白みのある車両ですが、残念ながら廃車が進んでいます。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました