京王5000系1次車(ロングシート時)車内デザイン

京王

2017年、京王ライナーの運行開始に合わせて登場したデュアルシート車両5000系のうち、1次車のロングシート一般運用時の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席、袖仕切り、肘掛
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置(ドア上)
LCD車内案内装置(天井部)、防犯カメラ
吊革
荷棚

これまでの京王車両の常識を覆す装備を多数備え斬新なデザインで登場しました。車体は流線形デザインが映えるSustinaボディで、継ぎ目の目立たない美しいステンレスボディを採用。内装はロング・クロスシートが切り替えられるデュアルシートとなっています。初期車両の特徴はドア上・窓上部が金色のパーツで大変豪華に飾られていることです。2次車からこの部分は白に変更されました。荷棚やドア横の手すりなど、各所に木目カラーも取り入れ、有料列車でも対応可能な落ち着きを備えています。写真のロングシート時には、蛍光灯が白色に灯っているのも特徴です。なおロングシート運用時はコンセントは停止されます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました