阪急5300系(後期更新車)車内デザイン

車内

阪急京都線と地下鉄堺筋線で活躍する5300系電車のうち、2001年に更新された後期更新車の車内デザインをご紹介します。

車内、鎧戸
座席、袖仕切り
優先座席、車いすスペース
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

阪急5300系の更新工事は大きく4段階あり、地下鉄に乗り入れない編成に施工された初期型、前面方向幕が大きくなった中期型、内装が8300系に近づいた後期型、そしてリニューアル車の4種類です。今回の紹介は少数派となる、後期更新車です。中期型と外見は変わりませんが、内装は袖仕切りのデザインが8300系に準じた仕様に変更され、LED車内案内装置やドアチャイムも設置されています。床の模様は更新工事とは別に張り替えられました。2020年現在、多くの編成が7連化され、堺筋線で見かける機会はぐっと減っています。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました