東急6000系 車内デザイン

東急

2008年、東急大井町線の急行運転開始に伴い登場したステンレス車両、6000系の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

基本的な車体構造は5000系車両に準じていますが、エクステリアデザインが大変奇抜な印象に変化したのが6000系の個性です。外観に合わせて内装もオレンジ色ベースで大変鮮やかにカラー設定されています。座席はモケットがオレンジ色系で、背もたれには柄が入っています。妻面も濃いベージュ色を採用。ドア上の情報装置の筐体は薄いベージュ色を採用しました。それ以外は白とグレーでまとめられています。一部の編成は中間1両がQシートと呼ばれる指定席対応車両に組み替えられ、現在は7両編成で急行専用で活躍しています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました