ゆいレール1000形(初期車)車内デザイン

ゆいレール

2003年、沖縄都市モノレールゆいレールの開業時に導入された1000形車両のうち、最初期車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席
乗務員室背面、クロスシート
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

開業時に登場した車両で、とにかく大きな側面窓が特徴です。のちに増備された車両は窓が常識的な大きさに設計変更されています。この窓の影響で、座席は非常に背もたれの小さい特殊な形をしているのがわかります。内装はアルミ色などをうまく取り入れた、近未来的な内装となっており、妻部の黄色がとても目立ちます。ドア上の案内表示は後年LCD式に交換されたものです。非常に個性的な内装で、沖縄唯一の鉄道として高い期待を背負って登場したことがうかがえます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました