近鉄3220系 車内デザイン

車内

2000年、近鉄の通勤型車両が久々のフルモデルチェンジとなり誕生した「シリーズ21」最初の車両として登場した、京都市営地下鉄乗り入れ対応3220系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、らくらくコーナー
優先座席、らくらくコーナー
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

栄えあるフルモデルチェンジ車としてシリーズ21という冠を背負い最初に誕生したのは、非貫通前面を備え6両固定編成となった、京都市営地下鉄烏丸線乗り入れ対応車両となりました。6連3本のみの存在で、外観はアースカラーを取り入れた全塗装を施されています。内装はグレートーンで、特に天井部の全体に入ったスリットは丸みを帯びて大変美しい意匠となっています。また、バケットシートを採用した座席は端部1席の両側に立ち上がり補助のための肘掛をそなえた「らくらくコーナー」を設置しているのが特徴です。最近この赤い座席はグレー系統に張り替えられつつあり、オリジナルの姿が見られるのは長くないものと思われます。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました