神戸市営地下鉄6000形 車内デザイン

神戸市交通局

従来車を置き換えるため2019年より運行を開始し、ハイペースに増備が続いている神戸市営地下鉄西神山手線6000形車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先座席
貫通路
フリースペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
ドア開予告灯
吊革
荷棚

長らく新車が入っていなかった同線ですので、今回の車両は従来車両に比べ格段に明るくなったイメージが感じられます。とはいいつつ座席モケットは非常に渋い緑色を採用し、ドットパターンが入っています。座席端部は木目調の大型袖仕切りで、車両妻面も濃い茶色と、この車両でも神戸ならではの落ち着きを重視した配色が見受けられます。ドア上にはLCD式の案内モニタも設置され情報提供面での強化もされています。内装で一番のアクセントは袖仕切りに空いた2つの飾り穴でしょうか。著名なデザイナーが監修し気合の入った車両として、今後の同線の顔を担ってゆく存在です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました