ゆりかもめ7200系6次車 車内デザイン

ゆりかもめ

東京臨海新交通、通称ゆりかもめで1999年より導入されている7200系のうち、最終増備車となる6次車の車内デザインをご紹介します。

車内
固定クロスシート
ロングシート、袖仕切り
車いすスペース、折りたたみいす、消火器
折りたたみいす使用時
優先席
貫通路
先頭部分
運転台兼展望席
客用ドア
LED車内案内装置
吊革

ゆりかもめ開業時に登場した7000系のエクステリアを継承した車両としては最後の増備車で、外観は前面の構造変更や、塗装変更などが実施されました。車内もマイナーチェンジされ、全車セミクロスシート配置となり、片側にクロスシート、片側にロングシートが設置されています。また、座席モケットが青紫色系のものとなり、優先席も赤いモケットで区別化が図られました。そのほかは従来の7000系列と基本的に同一で、天井に設置されたLED案内装置や、荷棚のない構造、運転台兼展望シートなどが特徴的です。この車両も2020年までに、7500系に置き換えられる形で引退となる予定です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました