京急2100形 車内デザイン

京急

1998年に登場した、オールクロスシートの特急型2ドア花形車両、京急2100形車両の車内デザインをご紹介します。

車内
転換クロスシート
優先席、補助いす
貫通路
車いすスペース、補助いす、カーテン
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

2ドア車ならではの、大変整列したクロスシートが並ぶ車内で、座席は転換クロスシートを採用しています。このシートはスウェーデン製で、営業中は座席転換を行うことができず、終点駅で進行方向向きに自動転換されるタイプとなっています。またカーテンも大きな窓に横引が備わっています。一度更新工事を受けており、照明はLEDに、またドア上には従前LEDだった車内案内装置を、1モニタタイプの液晶に変更し、サービス向上を図っています。吊革はドア付近にのみ設置されており、その付近には補助いすが設置されています。かつてはシーメンスの歌うインバータ音も売りでしたが、現在はすべて東洋電機製のインバータに取り換えられているようです。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました