JR東日本209系500番台 車内デザイン

JR東日本

1998年より、209系の車体を広幅仕様化して誕生し、現在も武蔵野線などで活躍を続けているJR東日本209系500番台の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
防犯カメラ
吊革
荷棚

基本的には209系0番台を踏襲し、グレー系基調のカラースキームを採用しています。部品の多くをFRP素材を多用し、ほぼ柄という概念が存在しないデザインでしたが、座席モケットは青色系ながら柄入りのものへと変更されています。窓は一部の固定窓が後年開閉式に改造されています。貫通路は一部にのみステンレス製のドアがありますが、ほとんどの箇所はドアのない通路となっています。内装については窓開閉化以外の大きな変化はありませんでしたが、令和に入り蛍光灯に設置するタイプの防犯カメラが出入り口付近に急速に設置されました。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました