近鉄1420系 車内デザイン

車内

1984年、近鉄初のVVVFインバータ制御装置搭載車両として登場した1編成モノの車両、大阪線系統1420系の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席
貫通路
車いすスペース、避難はしご
乗務員室背面
吊革
荷棚

登場当初は1250系を名乗った車両で、ベースが1200系となっており、近鉄に多数存在するVVVF制御車両群でたった1編成のみの、普通鋼製ストレートボディとなっています。内装も1200系に準じており、袖仕切りがシンプルなパイプ型となっているなどはほかのVVVF車と大きく異なります。また、2008年には車体更新工事が実施され、車内はシリーズ21に準じたグレー系の配色となり、連結部よりに車いすスペースが設けられました。避難はしごがこの位置に追設されているのも他のVVVF車と異なる点です。

誇らしげなVVVF INVERTERエンブレム。金属製の美しいマークがこの車両の証です。ほかのアルミボディVVVF車にも印刷されたものが同様に存在しましたが、残念ながら2010年代に入りいずれも撤去され、この1421編成が最初にして最後のエンブレム掲載車両となりました。大変魅力的なGTO素子の三菱インバーター音を轟かせながら、大阪線系統で活躍しています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました