相鉄 羽沢横浜国大駅

番外編

2019年11月、JR線との直通にあたり新規開業した相鉄新横浜線の横浜羽沢国大駅デザインをご紹介します。

外観

外観。入口上の看板にはJR東日本のロゴも。

コンコース階

きっぷうりば。2種類の機械が用意されています。
改札口。1か所のみ存在します。
自動販売機は災害対応。売店がないためか、食品の販売機も。
コンコース。精算機は1か所。レンガ調の内壁と鉄骨が露出した天井構造。
お手洗い。案内より色に重きを置いたデザイン。

ホーム階

エスカレーター。ここまでコンコース同様のレンガ調内壁。
ホーム。壁面、ホームドア、床ともグレー系で柱と天井部は黒系にまとめられたシックな配色。
駅名板、時刻表、路線図は旧来からのCIであしらわれている。駅番号はSO51。
次列車案内装置。4行LEDタイプでアナログ時計併設。関東私鉄でおなじみの構造。

概要

2019年11月末より、相鉄線西谷駅から同駅経由でJR埼京線へ直通する、相鉄新横浜線が開通しました。その際、唯一新規開業した駅がこの 羽沢横浜国大です。その国大自体は10分以上徒歩が必要で、駅前には広大なJR貨物の横浜羽沢駅が広がっています。駅を出ても道路があるのみで、コンビニ等の商業施設は今現在1件もない状態です。列車は20分間隔を基本として運行されており、ホームは1面2線。地下構造になっていますが、武蔵小杉方は地上からの開口部分がすぐにあるため明るい光が差し込んでいます。駅全体、最近の相鉄に見られるシックなカラーリングにまとめられています。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました