小田急4000形 車内デザイン

小田急

新たな千代田線直通用車両として2007年より10連固定編成が増備された、小田急4000形車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席、貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

客用ドアの窓などをはじめ随所に見受けられるように、JR東日本のE233系電車がベースとなって設計されたのがこの4000形です。外観はシャープな印象になりましたが車内は大変温かみのあるうすいピンク色系でまとめられており、座席モケットなども明るい色調を採用されています。座席端部の袖仕切りなどは小田急オリジナルの形状が採用されています。登場当初は千代田線直通運用に専ら入っていましたが、代々木八幡駅の10連対応化にともない、現在では各線で様々な種別に運用されています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました