西武新2000系(リニューアル車)

1988年より登場した西武線の黄色い通勤型車両、新2000系車両のうち、リニューアル工事を受けた車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
車いすスペース
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置、扉開閉案内装置
吊革
荷棚

リニューアル工事により、まず外観は戸袋窓の閉鎖という大きな特徴が生まれました。これによって車内も白色系の化粧板面積が広がり、印象が大きく変化しています。全体的に30000系車両に合わせられており、座席モケットは青色系、優先席はピンク系となり、これまでのオレンジ色のモケットと雰囲気が一変しさわやかなカラースキームとなりました。袖仕切りの大型化、スタンションポール設置などバリアフリー面での改善も随所に見られます。また、ドア上にはLED式の案内装置なども設置され、ドアチャイムも新設されています。黄色いボディを輝かせながら今日も主力として活躍中です。

こちらもぜひご覧ください