相鉄8000系 車内デザイン

1990年より日立製作所にて製造されたVVVF制御のアルミ車両、相鉄8000系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
車内(ボックスシート車)
座席、袖仕切り(ロングシート)
ボックスシート
優先席
貫通路
乗務員室背面、鏡
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚
自動窓開閉ボタン

8000系電車の特徴はなんといってもボックスシート車の存在で、5・8号車に挿入されています。それ以外はロングシート車で構成され、全体的に非常に明るい雰囲気にまとめられた広い車内となっています。座席はモケットの張り替えや袖仕切りの大型化、スタンションポールの設置など更新工事で雰囲気が一新しており、吊革も交換され、見た目の印象は新車と遜色ないレベルまで向上しました。当初妻面に設置されていたLED式の車内案内装置は後年ドア上へ移設されています。もちろん、相鉄伝統の自動窓や鏡も健在です。そろそろ横浜ネイビーブルー化が始まる模様で、このインテリアを楽しめるのも実は長くないのかもしれません。

こちらもぜひご覧ください