大阪モノレール1000系(後期車)車内デザイン

大阪モノレール

大阪モノレール1000系のうち、1993年以降に登場した、外装にピンクのラインを追加した後期車世代の車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
広幅貫通路
乗務員室背面
展望座席
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

大阪モノレールの1000系車両は車齢の割に改造等の実績が多く、車内のバリエーションが非常に多岐にわたります。本日ご紹介している車両は座席モケットがバケットタイプになっていない車両です。1000系後期車はもともと中間車が転換クロスシートで登場しましたが、後年オールロングシートに改造され、その際座席は紫色系に、床はグレー系に改造されました。さらに最近、ドア上のLCD化が実施され、先頭車には脱出シューターが設けられたため窓割に変化が生じています。また、1000系電車はいずれも、貫通路の一部が広幅タイプを採用しているのも興味深い点です。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました