伊豆急8000系 車内デザイン

2005年より東急線から転入して運行を開始した、伊豆急行の8000系車両の車内デザインをご紹介します。

車内(元未更新車)
車内(元車内更新車)
座席、袖仕切り(元未更新車)
座席、袖仕切り(元車内更新車)
優先席
固定クロスシート
貫通路
化粧室
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
蛍光管車内案内装置
吊革
荷棚

現在3両編成を組んで伊豆急の主力として活躍しています。元東急8000系列で、外見・内装とも種車の仕様を引き継いでいます。ご紹介の通り、未更新車と元室内更新車の2種類が存在し、化粧板の色目や袖仕切りの形状などで差異がみられます。また座席の海側半分を西武10000系から流用した元回転クロスシートに置き換えられ、観光列車としての情緒も持ち合わせています。トイレも設備されましたが編成によって位置の相違がみられます。吊革は一部が低い仕様に変更されています。3両編成でワンマン運転にも対応しています。

こちらもぜひご覧ください