近鉄5200系 車内デザイン

車内

1988年、長距離急行運用のサービス向上を目的に登場した3ドアクロスシート車、近鉄5200系の車内デザインをご紹介します。

車内
転換クロスシート、肘掛
貫通路
車いすスペース
化粧室
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

非常に美しいインテリア、その後関西をはじめとする各地で採用される3ドア転換クロスシートの原点となった車両です。A更新を受けて、カラースキームはグレー系基調でまとめられ、座席モケットは赤色系を採用。肘掛にもモケットが貼られています。当時のアルミ車同様、裾を絞った広幅車体で、三角形の蛍光灯カバーなども同様です。トイレが設備されており、更新時に洋式へと変化しています。ロングシート部は存在せず、車いすスペースをのぞけばすべてが転換クロスシートとなっています。大阪線・名古屋線の急行を中心とする各運用に入っています。

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました