南海8300系 車内デザイン

2015年に誕生した近畿車輛製の南海通勤型、8300系のうち、本線・空港線の訪日観光客増加に対応した2次車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先座席、車いすスペース
貫通路
乗務員室背面
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

近畿車輛製という点で8000系に比べ個性的な要素が復活した8300系ですが、当時急増していたインバウンドの訪日観光客が大型荷物を持って車内にあふれかえる状況への課題解決が求められており、この車両では1次車で採用した大型袖仕切りを廃止し、あえて座って手の届く低い袖仕切りを座席に採用。その横にはスーツケースを据え付けることもできるスペースが設けられました。座席はバケットシートを廃止しましたが座面自体は非常に固め。ドア上には4か国語で案内できるLCDモニタも設置され、関西空港直通運用に適した設備が各所に見受けられるようになりました。