神戸電鉄5000系 車内デザイン

1994年に登場したVVVFインバーター制御搭載の神鉄主力形式、5000系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
貫通路、車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置、マップ点滅式路線図
吊革
荷棚

2000系と外見は同一の白いアルミボディ車ですが、三菱製のVVVF制御装置を採用したのが大きなポイントです。内装は阪急ナイズされたマホガニー系の内装で、座席も緑色のモケット、日よけも持ち上げ型の鎧戸を採用しています。阪急との大きな違いは、千鳥配置でドア上に大型のLED式車内案内装置が設置されている点です。また車両自体も阪急電車に比べて一回り小さいので、神鉄ならではの独特の雰囲気を楽しむことができます。前面は大きな窓でゆったりと前面展望も楽しめます。GTO素子の三菱インバーターが唸りながら山を登るのは鉄道好きとしてたまらない時間です。