京急600形 車内デザイン

京急

これまでの車両とはまったく異なるデザインと奇抜なクロスシートで1994年に登場した京急600形の車内デザインをご紹介します。

車内
ロングシート、袖仕切り、スタンションポール
ボックスシート、優先席、補助いす
貫通路
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

1994年に初登場。現在の1000形まで通じる前面デザインはここからスタートしました。車内は当初オールクロスシートで、しかもツイングルシートとよばれる奇抜な可動座席で定員数調整ができるものでしたが、後年ロングシート改造や更新工事が行われ、現在の600形は一般的な通勤仕様へと変化しています。それでも車端部には当初の座席がしのばれるボックスシートが残っています。車内は全体的に白色系の化粧板におなじみコーラルレッドのやさしいモケットを採用。ドア上にはLCD案内装置も設置され、優等運用・増結運用など様々なシーンで活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました