泉北高速鉄道5000系 車内デザイン

泉北

1990年に斬新な非貫通前面デザイン、白い全塗装で登場した泉北高速鉄道5000系電車のうち、リニューアル後の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、カーテン
優先座席
車いすスペース
貫通路
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

2015年より開始した更新工事によって、外観は若干の変化ですが内装は大きく雰囲気が変わりました。カラースキームは7020系に準じたデザインに変更され、よりさわやかな印象で明るくなりました。一方袖仕切りは南海8000系と同様、JRのE231系電車に準じた大型のものに更新されました。ドアはステンレス無塗装仕上げに変更され、ドア上にLCD案内装置が設けられましたが、この装置も7020系とは画面デザインが異なるものになっています。8両固定編成なので一時期はラッシュ以外運用が外れていたこともありましたが、今は終日にわたり大活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました