西武6000系(ステンレス車、直通対応)車内デザイン

西武

1992年に誕生した青いステンレス車両、西武6000系電車のうち、副都心線・東横線乗り入れに対応する車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席
貫通路
乗務員室背面
客用ドア、戸袋窓
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

西武線では珍しいステンレス車体に、黄色い電車とは全く趣の異なる青いラインを入れて登場した6000系。新宿線の2本を除き直通運転対応に改造され、長距離運用に入っています。今回ご紹介する車両は比較的初期の車両で戸袋窓を採用。座席は青色系でバケットシートです。貫通路の設計などを見ると、西武の車両らしさが見受けられます。ドア上のLCD車内案内装置は近年40000系に準じたものに交換されています。西武らしさが随所に見られつつ、平成の意匠を取り入れた車両は現在も地下鉄乗り入れの主力として活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました