上海軌道交通AC02a型 車内デザイン

上海軌道交通はいわゆる上海地下鉄(上海地铁)です。このうち最も利用客の多い2号線で開業時から活躍するAC02a型車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席
貫通路
LED車内案内装置
客用ドア
LCD広告表示装置、非常用ドアコック
点滅式路線図、ドア開予告ランプ
吊革

2000年ごろに海外で製造された車両で、開業時は短い編成を組んでいた車両です。車内は全体的に明るい白でまとめられ、路線カラーでもある緑色のベンチシートを採用。シートは一人ひとりの着席区分が分かれたタイプになっています。中国の吊革は握手部分が小さく広告が上に大きく張られたタイプが一般的です。また混雑対策として車内中央にポールが林立しています。案内装置は放送と連動する次駅案内が貫通路上、点滅式のマップが窓上、さらにドア横には広告用LCDがあり、このLCDからは音声も流れています。中国らしさあふれる車両ですが、比較的旧型なので、次第に国産車両に置き換えられるものと思われます。