京阪1000系

1977年に700系車両を改造して誕生した複雑な経緯を持つ、京阪1000系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席、車いすスペース
貫通路
客用ドア
吊革
荷棚
ファンデリア

前述の通りルーツが複雑で、この形式は700系車両と呼ばれた車両から車体をそのまま、足回りを更新して誕生した車両です。その足回りも現在は更新工事時に制御装置を換装しています。また、700系は旧1000形車両の足回りに1650形と呼ばれた車両の車体構造を載せて誕生した車両なので、おおもとを辿れば1938年にまで遡ることとなります。1650形ベースの車体は裾絞りがなく窓がドア間4連となり、ドアの窓がとても大きいのが特徴。また座席端部の袖仕切りも簡素なパイプ型になっています。天井もラインデリアではなく、ファンデリアと送風口が点々と存在。非常に個性的な仕様が多々見られます。更新工事で7000系のような内装になりました。その後大きな変化もなくいまだ主力として大いに活躍しています。