東京メトロ8000系(後期修繕車)車内デザイン

東京メトロ

元営団地下鉄、元東京メトロの半蔵門線で開業時から活躍する、8000系車両の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東京メトロ8000系(後期修繕車)車内デザイン
車内
東京メトロ8000系(後期修繕車)座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
東京メトロ8000系(後期修繕車)優先席
優先席
東京メトロ8000系(後期修繕車)貫通路
貫通路
東京メトロ8000系(後期修繕車)乗務員室背面
乗務員室背面
東京メトロ8000系(後期修繕車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
東京メトロ8000系(後期修繕車)吊革
吊革
東京メトロ8000系(後期修繕車)荷棚
荷棚

解説

順次施工されたB修工事を受けた車両のうち、比較的末期の施工車両の車内をご紹介します。

大きく変更になったのは袖仕切りの交換と、LED照明化です。ドア上には2基ずつ大型の液晶モニタが設置されたのも特徴です。全体通してのデザインとしては、座席は着席区分の入った紫色で路線イメージを出し、化粧板は従来より落ち着いたベージュ系になりました。また床は砂目模様が入ったグレーに変更されています。貫通路などは登場時の雰囲気を残しています。

足回りも更新され、いまだ主力として活躍していますが、とうとう後継車両の製造のニュースが入ってきました。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【第2回】今はもう見られない車内デザイン
京王1000系(初期車・リニューアル)車内デザイン
京阪2600系 車内デザイン
【番外】1両にステッカーは何種類存在するのか?
名鉄3150系(3次車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました