姫路モノレール100形

1966年開業、1974年休止と、わずか数年で姿を消した姫路モノレールのロッキード式車両、100形の車内デザイン(展示車両)をご紹介します。

車内
ボックスシート
窓開閉錠
換気扇
運転台

白色系の配色に赤い座席、大きな窓に横引カーテン。非常に絢爛豪華な趣で登場した姫路モノレール。わずか3駅の間を往復し、美しいジュラルミンのボディを輝かせていたことだろうと思いを馳せることができる展示車両が手柄山にあります。大きな窓はどうやら開くらしく、鍵による開閉装置のようなものがありました。天井は換気扇で当然冷房装置はありません。運転室は半室構造のような形になっています。また、蛍光灯カバーがついているのも魅力的な車内でした。よくこれほどきれいな状態で保管していただいたものだと、うれしく思います。非常に貴重な存在です。