東京メトロ1000系

2012年に登場し、現在銀座線の全運用を担う黄色い新系列車両、東京メトロ1000系の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席
車いすスペース
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

全身フルラッピングでの黄色いボディをまとった1000系車両。日本最古の地下鉄ならではの小型ボディを感じさせない、明るく開放感あるインテリアデザインに大きく変化しました。特に、ガラス製の貫通路扉や荷棚、またアクセントが加えられた袖仕切りなどは当系でもっとも効果的な役割を果たしており、LED化された照明も合わせて、全体的に落ち着きと明るさを兼ね備えた雰囲気に仕上がったものと言えます。また貫通路まわりはピンク色の化粧板を採用し、あえてレトロな意匠を持たせた点検ブタなどを配しているあたりに好感が持てる車両です。