阪急1300系 車内デザイン

車内

2014年より運行を開始した阪急京都線系統で活躍する、1300系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
カーテン
吊革
荷棚
客用ドア
LCD車内案内装置

神戸・宝塚線の1000系と共に登場した新世代車両で、PMSMの採用による静音性などがコンセプトとなっています。1000系に比べ車体幅が広いため、車内もゆったりとした印象。9000系列とカラースキームは同一ながら、全体的にパーツが落ち着きのある明るいデザインへ意匠変更されています。また、座席横に大きな袖仕切りが設置されたのが本系列のポイントです。ドア上の横長な液晶も個性的です。貫通路の自動扉や自動開閉窓は廃止されました。濃淡マホガニーの化粧板、オリーブの座席と座席の仕切りなど、阪急らしさにあふれる車両です。

タイトルとURLをコピーしました