京王1000系(5・6次車)

京王井の頭線で活躍するカラフルな1000系車両のうち、ビートレス車体になった5・6次車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路、おもいやりぞーん
吊革
荷棚
客用ドア
LCD車内案内装置

車内外にマイナーチェンジを行った番台で、9000系30番台に準じた内装デザインに。えんじ色のシート、無塗装のドア、LCD案内装置など2000年代京王の標準的なスタイルとなっていますが、床のデザインは8000系車両で採用されたライン入りをいまだ維持しているのがうれしいところです。車体幅が広いので車内も幾分か広く感じます。ドア上のLCDは登場時は各1面のみでしたが、宣伝用液晶が追加されています。カラフルな外観と落ち着いた車内、京王らしさが感じられる車両です。